リスティング

フヴァンムラ(ナヴィヤニ環礁)

フヴァンムラ(ナヴィヤニ環礁)

概要

フヴァンムラはナヴィヤニ環礁に位置する有人島で、モルディブ南部のフォームラ環礁地区に属する。この島は一つの島で一つの環礁であり、南部州フヴァンムラ市行政区によって統治されている。


フヴァンムラは一つの大きな島として形作られたユニークな環礁である。島は、南フヴァドゥ環礁の南40キロの赤道海域に位置し、アフリカから中国、アラビア半島からマレーシアへの海路として最も古くに利用されていた。島の廃墟からは1000年前に移住者が居たことを示す。


フヴァンムラ島は長さ約6キロ、幅3キロの大きさをもつモルディブ最大の島だ。この島の土地や植物は他の島と全く違っている。肥沃な土地にはマンゴー、パパイヤ、ライム、バナナ、オレンジ、パイナップルがよく育っている。タロイモが豊富に栽培され、最近まで島の特産物だった。この島を訪れた人はみんなこの島の自然の美しさをほめたたえた。


この島の遺跡は、島に何千年前も前から人が居住していたことを証明している。レディンゲ・フニは高さ20メートル、円周75メートルの塚だ。1922年にこの島を訪れたH.C.P ベルは四角い壇の上には仏舎利塔をあったと結論をくだした。


この島のダンディマグヴィレッジのケデラモスクの近くにあるくぼんだ儀式用の浴場は古代彫刻の傑作だ。広さ5平方メートル、深さ1.3メートルのこの浴場はいろいろな大きさに切った珊瑚の石を精密に合わせて作られている。石と石の間にナイフの刃を入れるのも不可能なぐらいに精密だ。

Welcome back - Login

Don't have an account? Register

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use

Join now - it's free

Already have an account? Login

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use