モルディブ観光ニュース

究極の無人島のファンタジー 究極の無人島のファンタジー
絶景
究極の無人島のファンタジー
2022年5月31日
照りつける太陽が半透明の浅瀬にまだら模様を作り出し、鮮やかな緑ときらめくような白が小さな南の島を取り囲む。まるで、究極の無人島のファンタジーを具現化したかのような光景だ。
モルディブの古代仏教時代の謎 モルディブの古代仏教時代の謎
ストーリーズ
モルディブの古代仏教時代の謎
2022年4月29日
モルディブの太陽の光が降り注ぐ砂浜と高級リゾート地には、数世紀に遡る豊かな文化的歴史がある。この島国の宗教的遺産がその物語の魅力的な一部である。約900年に渡ってイスラム教国家であるが、かつては仏教国だった。
モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和 モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和
ニュース速報
モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和
2022年3月16日
ワクチン接種を完了してモルディブに訪れる人々は、入国するために事前にPCR検査を受ける必要がなくなる。入国するために追加のブースター接種は求められない。モルディブではフェイスマスクの着用が義務付けられなくなりった。
海面上昇という課題に対応するためのモルディブの水上都市 海面上昇という課題に対応するためのモルディブの水上都市
観光ニュース
海面上昇という課題に対応するためのモルディブの水上都市
2022年2月26日
海面上昇はモルディブにとって重要な課題であるため、ユニークかつ非常に野心的な新しいインフラプロジェクトの計画が進行している。このフローティング・シティプロジェクトが今月開始される予定になっている。
モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除 モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除
ニュース速報
モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除
2022年1月11日
モルディブはアフリカ諸国との間の渡航禁止措置を解除した。これで南アフリカとアフリカ大陸南部に位置する他の6ヶ国からの観光客がモルディブに自由に渡航できるようになった。
モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業 モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業
ニュース速報
モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業
2022年1月8日
モルディブのヴェラナ(マーレ)国際空港に裕福な観光客のために最新のサービスと施設を提供する待望の新たなVIP/CIPコンプレックスが開業した。
モルディブで旅行者からの新たな出国税が適用に モルディブで旅行者からの新たな出国税が適用に
観光ニュース
モルディブで旅行者からの新たな出国税が適用に
2022年1月1日
モルディブから飛行機で出国する者全員に対し、新たな出国税が課されることになった。出国の際には新たな出国税と空港開発費の対象となる。この新たな税金ヴェラナ国際空港インフラ開発の財源の一部となる。
不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ 不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ
ニュース速報
不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ
2021年12月21日
国際的な観光産業はコロナウイルスのパンデミックにより深刻な影響を受けた。そして、未だ訪問者数が平常時の予想よりもはるかに少ないにもかかわらず、現在モルディブの観光産業は力強く回復しつつある。
モルディブでは地元の生活を体験できるホームスティ・ツーリズムを導入 モルディブでは地元の生活を体験できるホームスティ・ツーリズムを導入
旅の楽しみ方
モルディブでは地元の生活を体験できるホームスティ・ツーリズムを導入
2021年12月13日
ホームステイツーリズムが導入されることによって、モルディブを訪れれば現地の文化と伝統を体験できるようになる。新年から始まるこの新サービスの目的は、国内の観光産業の振興と、ユニークな体験を提供すること。
モルディブが新たなコロナウイルス変異種に渡航制限で対応 モルディブが新たなコロナウイルス変異種に渡航制限で対応
ニュース速報
モルディブが新たなコロナウイルス変異種に渡航制限で対応
2021年11月29日
モルディブは最も新しいコロナウイルス変異種の流入を防止するために、アフリカの7つの国々からの渡航を禁止した。この禁止措置は健康保護局によって日曜日に実施された。当該国を訪れたすべての人物に適用される。
モルディブの自然との調和 モルディブの自然との調和
絶景
モルディブの自然との調和
2021年11月23日
太陽の光がまぶしい魅惑的なラグーンは、人工物の侵入を快く受け入れ、自然と調和している。ラグーンに浮かぶモルディブスタイルの水上ヴィラと、木々の中に佇むビーチヴィラは、最高のプライバシーを提供している。
気候変動枠組条約締約国会議における妥協合意にモルディブが不満 気候変動枠組条約締約国会議における妥協合意にモルディブが不満
観光ニュース
気候変動枠組条約締約国会議における妥協合意にモルディブが不満
2021年11月17日
COP26に参加したモルディブの代表者たちはその妥協合意に不満を示している。グラスゴーで開催された気候変動枠組条約締約国会議では、各国の代表者たちが重要な問題で合意に至ることができなかった。
モルディブの経済成長を推進するための観光産業 モルディブの経済成長を推進するための観光産業
観光ニュース
モルディブの経済成長を推進するための観光産業
2021年11月10日
観光産業の回復はモルディブの経済成長に著しいインパクトを持つことが期待されている。 世界銀行の報告では、モルディブ経済は2021年には22.3%成長し、2022年には更に11%成長するとされている。
インフラ整備計画によりモルディブ全域に観光産業が拡大 インフラ整備計画によりモルディブ全域に観光産業が拡大
旅の楽しみ方
インフラ整備計画によりモルディブ全域に観光産業が拡大
2021年11月5日
モルディブは、この美しい国の隅々にまで観光産業を浸透させるアップグレードプログラムを含む『全国地方観光業』を展開するという野心的な計画を発表し、各島への交通手段の構築、安全な飲み水などが確保。
2021年に130万人の観光客が予想されるモルディブ 2021年に130万人の観光客が予想されるモルディブ
ニュース速報
2021年に130万人の観光客が予想されるモルディブ
2021年11月1日
モルディブの観光客数が100万人を突破し、今年末までに人口の2倍に当たる130万人以上の観光客を迎える見込。今年はまだ後2ケ月残っているが、訪れた観光客の数は2020年の総数の2倍に迫っている。
中東の入国要件緩和後に隔離滞在が減少したモルディブ 中東の入国要件緩和後に隔離滞在が減少したモルディブ
ニュース速報
中東の入国要件緩和後に隔離滞在が減少したモルディブ
2021年10月28日
中東が入国要件を緩和したことで、モルディブで隔離していたインド人駐在員数が劇的に減少した。アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーンなどの国々は世界中からの労働者に頼っており、特にインド人が多い。
モルディブの壮大で透き通った天国のような美しさ モルディブの壮大で透き通った天国のような美しさ
絶景
モルディブの壮大で透き通った天国のような美しさ
2021年10月22日
モルディブが提供する贈り物の中で素足で味わう砂浜よりも優れたものはない。天国のような美しさの砂州の浅瀬の周囲には、壮大で透き通ったラグーンが広がっている。水の流れを素足に感じ、日の光に肌を焦がそう。
イタリアからの観光客が再びモルディブ旅行へ イタリアからの観光客が再びモルディブ旅行へ
ニュース速報
イタリアからの観光客が再びモルディブ旅行へ
2021年10月18日
モルディブが観光業を再開し、先月イタリアのレッドリストから削除された後、観光客らは再びモルディブを最も休暇中に訪れたい場所と考え始めている。現在、モルディブからイタリアに帰国する観光客は到着後の隔離が不要。
有害廃棄物の島のクリーンアップで地球温暖化に挑むモルディブ 有害廃棄物の島のクリーンアップで地球温暖化に挑むモルディブ
旅の知識
有害廃棄物の島のクリーンアップで地球温暖化に挑むモルディブ
2021年10月14日
間違いなく、モルディブは地球上で最も素晴らしい国家の1つ。しかし、その手つかずの自然の美しさが危機にさらされている。ティラフシという島は、国の排出する廃棄物の増加に対処するため1990年代にごみの島になった。
モルディブ、観光産業50周年記念式典を開始 モルディブ、観光産業50周年記念式典を開始
ニュース速報
モルディブ、観光産業50周年記念式典を開始
2021年10月10日
モルディブで最初のリゾート施設が開業したのは50年ほど前のことだった。当時、国土の多島海は世界的な知名度が非常に低く、島民たちは漁業で生計を立てていた。現在は世界で最も素晴らしい旅行先の1つとなっている。
イギリスからモルディブへの直行便運航再開 イギリスからモルディブへの直行便運航再開
ニュース速報
イギリスからモルディブへの直行便運航再開
2021年10月7日
先月のコロナウイルスに関連する規制の緩和により、イギリスからモルディブへの直行便が運航再開した。ブリティッシュ・エアウェイズは現在、ロンドン・ヒースロー空港からヴェラナ国際空港への直行便を週3回運航している。
癒しの力を持つモルディブの美しいオアシス 癒しの力を持つモルディブの美しいオアシス
絶景
癒しの力を持つモルディブの美しいオアシス
2021年9月24日
モルディブにあるこの美しいオアシスは、柔らかな白い砂浜と、輝くような青い海、そして生き生きとした緑の庭園が特徴だ。疲れた体を休め、この島の癒しの力に浸ろう。疲れた目と心を癒してくれるだろう。
イギリス観光客の急増を期待するモルディブ イギリス観光客の急増を期待するモルディブ
観光ニュース
イギリス観光客の急増を期待するモルディブ
2021年9月21日
モルディブを訪れるイギリスからの観光客の数は、イギリス政府がコロナウィルスに関連した制限を緩和した後、著しく増加することが期待されている。水曜日からイギリス政府の「赤色」リストから正式に取り除かれることになる。
新たなホテルを追加するモルディブ最大の統合観光プロジェクト 新たなホテルを追加するモルディブ最大の統合観光プロジェクト
ニュース速報
新たなホテルを追加するモルディブ最大の統合観光プロジェクト
2021年8月16日
モルディブ初の複数の島からなる総合レジャーデスティネーションに、新たなラグジュアリーリゾートが誕生する。これはエンブードゥラグーンの3つ目の複数の島にまたがるレジャー施設としてオープンすることになる。
モルディブの太陽の光を浴びたビーチからのターコイズブルーの透明感 モルディブの太陽の光を浴びたビーチからのターコイズブルーの透明感
絶景
モルディブの太陽の光を浴びたビーチからのターコイズブルーの透明感
2021年8月13日
透き通ったターコイズの海にミステリアスな暗い陰が走っている。自然の複雑さの現れなのだが、それでもやはり、飾り気のない美しさが際立っている。この景色に出会うためだけにモルディブに来るだろう。
モルディブのゲストハウス、需要が急増 モルディブのゲストハウス、需要が急増
観光ニュース
モルディブのゲストハウス、需要が急増
2021年8月10日
モルディブのゲストハウスは、新型コロナウイルスによるパンデミックのさ中にもかかわらず、現在、空前の高需要に直面している。モルディブを経由してペルシャ湾岸諸国へ移動する東南アジアからの旅行者がほとんど。
モルディブが9月までに観光客へのワクチン提供を準備 モルディブが9月までに観光客へのワクチン提供を準備
旅の知識
モルディブが9月までに観光客へのワクチン提供を準備
2021年8月1日
モルディブは全国民のコロナワクチン接種が完了し次第、観光客にもワクチンを提供することを計画している。再び制限の無い自由な旅を楽しんでもらうために、ワクチン接種を出来る限り簡単にする取り組みをしている。
モルディブが入国者のPCR検査ルールを緩和 モルディブが入国者のPCR検査ルールを緩和
ニュース速報
モルディブが入国者のPCR検査ルールを緩和
2021年7月30日
あなたがモルディブへの訪問を計画中なら、新型コロナウイルス感染拡大防止措置に関する最新情報をご存知だろう。新型コロナウイルスのPCR検査を受けなければならない。陰性だった旅行者のみがの入国を許可される。
モルディブが渡航者から新税と空港使用料を徴収へ モルディブが渡航者から新税と空港使用料を徴収へ
観光ニュース
モルディブが渡航者から新税と空港使用料を徴収へ
2021年7月17日
モルディブへの渡航者は2022年1月から新たな空港税と開発料金の対象となる。現在の空港使用料が撤廃され、新たな出国税と空港開発料金が導入される。この新たな出国税と開発料金は来年の1月1日から支払うことになる。
モルディブ観光産業ワクチン接種率が96%に達し、観光客の安全がより確実に モルディブ観光産業ワクチン接種率が96%に達し、観光客の安全がより確実に
ニュース速報
モルディブ観光産業ワクチン接種率が96%に達し、観光客の安全がより確実に
2021年7月12日
モルディブ観光省によれば同国の観光産業に関わる労働者の第1回ワクチン接種率が96%に達したため、訪問者は安心して渡航できるようになった。そして、観光産業に関わる労働者の70%は2回目のワクチン接種も完了している。
COVID感染者の減少に伴いモルディブが外出禁止時間の撤廃へ COVID感染者の減少に伴いモルディブが外出禁止時間の撤廃へ
ニュース速報
COVID感染者の減少に伴いモルディブが外出禁止時間の撤廃へ
2021年7月8日
コロナウィルス感染者数の減少に伴い、モルディブの健康保護局は7月8日から首都地域における外出禁止時間を完全に撤廃する。これで外出するために法的な許可を取る必要がなくなる。これでマーレ一帯で自由に歩き回る事ができる。
モルディブ拠点世界最大の水上機運航会社が株式の過半数を売却 モルディブ拠点世界最大の水上機運航会社が株式の過半数を売却
ニュース速報
モルディブ拠点世界最大の水上機運航会社が株式の過半数を売却
2021年7月3日
世界最大の水上機運航会社であるトランス・モルディビアン・エアウェイズ(TMA)の株式の過半数が、債務再編協定が結ばれた後にアメリカ合衆国の多国籍の未公開株式投資会社であるカーライル・グループによって取得された。
モルディブが南アジアからの渡航制限解除 外出禁止時間も削減 モルディブが南アジアからの渡航制限解除 外出禁止時間も削減
ニュース速報
モルディブが南アジアからの渡航制限解除 外出禁止時間も削減
2021年6月30日
モルディブは7月15日に南アジア諸国からの渡航者に国境を開放する予定である。入国に際しては全ての渡航者にPCR検査の陰性証明書の提出が求められる。モルディブ大統領のイブラヒム・モハメド・ソーリフが昨日(火曜日)の記者会見でこれを発表した。
持続可能な観光産業をリードするモルディブ 持続可能な観光産業をリードするモルディブ
旅の知識
持続可能な観光産業をリードするモルディブ
2021年6月29日
モルディブ政府は2030年までに同国をカーボンニュートラルにする事にコミットしている。モルディブ議会は4月に海面上昇の潜在的な脅威と環境へのダメージに対抗するために気候変動緊急事態法案を採択した。この法案には二酸化炭素の排出量を正味でゼロにする。
拡張を目指すモルディブで二番目に人気の国際空港 拡張を目指すモルディブで二番目に人気の国際空港
ニュース速報
拡張を目指すモルディブで二番目に人気の国際空港
2021年6月20日
モルディブの国営航空会社であるアイランドアビエーションサービスは、ヌーヌ環礁にあるマーファル国際空港のターミナルを拡張するために、コンサルタント会社を探している事を発表した。このプロジェクトに対する関心表明書は今月の2222日までに提出する必要がある。
モルディブ初のリゾート島で作られたお部屋のかつての姿 モルディブ初のリゾート島で作られたお部屋のかつての姿
ストーリーズ
モルディブ初のリゾート島で作られたお部屋のかつての姿
2021年5月29日
1972年に撮影されたこの1枚の歴史的は写真には、モルディブに対する現在のイメージとは全く異なる姿が写し出されている。世界水準のリゾート地や、豪華な大規模プール、そして富豪や有名人が所有する高級船舶などはどこにも写っていない。