モルディブ観光ニュース

現在のモルディブへの渡航状況

By Jonathan Kearney
1 September 2020
現在のモルディブへの渡航状況

世界中のロックダウンが緩和されるにつれ観光客たちがモルディブに戻って来ている。リゾート地の人の入りは3分の1ほどでしかないが、訪れた人々はモルディブで自分だけの平穏さを満喫し、今までにないほどの綿密で個人的なサービスを受けている。


訪れた全ての人々がVIP並みの扱いを受け、これまでにないくらい静かな熱帯の海岸で最高の体験をしている。天国のようなモルディブにおける平穏な体験を求めているなら今こそが訪れるべきタイミングだ。


モルディブ政府は昨日、観光客が今月から複数のリゾートを訪問することを許可し、10月15日から観光客の安全を確保するための厳格なガイドラインに基づいてゲストハウスビジネスに許可することも発表した。


このコロナウィルスのパンデミックによってモルディブの観光産業は全て停止を余儀なくされた。国境は7月15日に再び開かれているが、今のところ民間の航空便は限られたルートでしか運航していない。


この数か月間、世界中で前代未聞の出来事が発生し続け、日々の生活が大きく混乱した。制限が解除され始めるにつれ、多くの人々がこういった奇妙な体験からの解放や逃避ができる旅先を求めている。


そういった意味でモルディブよりも適した場所はないだろう。そして、モルディブ政府は安全を確保しながらも、同国に出来る限りスムーズに渡航できる事を保証している。今モルディブ旅行を計画している方々に、この記事から知っておくべき事を把握しておこう...


モルディブ政府は同国への移動と侵入に厳格なロックダウンと制限を課す事によって素早くウィルスを封じ込めた。その結果、COVIDによる死亡は比較的少なく抑えられてきた。モルディブを訪れてもコロナウィルスの症状を示していない場合は自動的に隔離される事は無く、訪問者は直接リゾートに送り届けられる。


安心を確実なものにするには、事前にCOVID-19の検査を受けて渡航の際に陰性の証拠を持参する事が推奨される。到着時には空港で体温チェックとスクリーンが実施されている。COVID-19が疑われる場合のために隔離施設が設けられている。


モルディブを訪れる全ての人々は同国に出発する24時間前までに健康状態申請書を提出しなければならない。また、訪問者はモルディブへの到着時または到着前に「Trace Ekee」という接触追跡アプリをインストールする事が推奨されている。


モルディブでの休日を過ごした後、本国に戻ったり他の国に渡航したりするためにCOVID-19の検査が求められている渡航者には、出発前に検査サービスが提供されている。出国の際は行き先の国々の隔離要件に関する渡航情報を確認する事が推奨される。


モルディブでは以前と変わらぬ自然の美しさが訪問者を待っている。その澄み切った水とヤシの木が生い茂ったラグーンが平穏な島での生活を提供している。そして今、プライバシーとサービスが向上したリゾート地の扉が再び開かれ、楽園に戻ってくる人々を歓迎している。


水面下の生態系は活気に満ち、ビーチは美しいままで、リゾート島は準備を整えて訪問者を待っている。豪華なスパや、美味しい現地や世界の料理、個人的なサービス、そして最高の自然を楽しむ事ができる。モルディブでのスイミングや、シュノーケリング、スキューバダイビングなどを通じてかつてないリラックス体験をする事ができるだろう。

その他のおすすめ
または

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約

メールアドレスでログイン

まだ会員登録をされていない方登録する

(おすすめログイン)

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約

無料会員登録

すでにアカウントをお持ちの方 ログイン

(おすすめログイン)

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約