モルディブ旅行の楽しみ方

パンデミック後のモルディブでの休日の見通し

By Jonathan Kearney
10 June 2020
パンデミック後のモルディブでの休日の見通し

数週間におよんだ世界中のロックダウン措置が解除されるにつれ、家族や友人たちと一緒に普通の暮らしに戻れる日を期待し始めているかもしれない。


また、夏が目の前に迫っている中で全てから逃避できる場所を夢見ているかもしれない。特に、このコロナウイルスのパンデミックが始まった事によってキャンセルされた休暇の計画があったならそうだろう。


パンデミック後のモルディブへの旅行は全く違う体験になっているかもしれないが、待ち望んでいた太陽の下での休日を楽しむ事ができなくなったわけではない。


素晴らしい気晴らしを夢見たりそのための計画を立てたりする事は、起こり得る変化に準備をしながらでも可能である。


パンデミック後のモルディブへの渡航

いくつかの航空会社は今後、乗客の健康と安全を保護するための措置を講じると既に発表している。こういった措置には、乗客どうしが近づき過ぎないように中央の座席を使用不可にしたり、一度に搭乗する乗客の総数を減らしたり、航空機を消毒するために電子スプレーや噴霧器を用いたり、数分ごとにキャビンの換気をしたりする事などが含まれる。


モルディブ空港を含め、各空港も異なる方法で運営をするようになるだろう。到着時には空港のスタッフの数が減少している事や、パスポートや手荷物の処理を含む全てがセルフサービスになっている事に気が付くかもしれない。また、ソーシャルディスタンスをサポートするために空港のフロアには多くの円が描かれている。更に、誰もが利用できる手指消毒液も提供されている。


今後のモルディブでの休暇

コロナウイルスが大流行して以来多くの事が劇的に変化したが、1つ変わっていない事があるとすれば、それはモルディブの時代を超越した美しさ。この休暇の目的地として完璧なパラダイスは今でも訪れる人々を待っている。


世界の他の地域と同じようにモルディブもこの危機の影響を受けてきたために、人々の安全を守るための隔離や渡航禁止などの制限を実施してきた。


だが、この島国は今や今後のパンデミック後の世界における観光産業の形を見据えている。モルディブを訪れる観光客が目にする事になる主な変化は空間の増加だが、これをプラスに捉える人々もいるだろう!


モルディブ空港の到着ターミナルから一歩足を踏み出せば以前のようにリゾートの空港係員が出迎えてくれる。だが、今後は出迎えで手指消毒液が提供されたり、案内される場所がウィルスの無い地域だけだったちするなどの多少の違いがあるだろう。


リゾートへの移動の間は1人に2人分の席が提供され、詰め合って座る必要がなくなるので、最大限のプライバシーと快適性を期待できる。リゾートに到着すると、以前とは違って空気や物の表面を消毒するための電子噴霧器によって出迎えられる事になるだろう。


チェックインは到着する前に遠隔で処理されるのでレセプションに立ち寄る必要はなくなる。多くの人々が待ったり集まったりする事を避けるためにすぐに部屋に案内される。この体験は効率的でプライベートなものになるはずだ。


モルディブのリゾート島;安全性とプライバシー

これでモルディブでのトロピカルな休日を始める事ができる。いくつか異なる要素はあるかもしれないが、水面の上と下には今までと同じ素晴らしい体験が待っている。そして、今まで以上にプライバシーが尊重される事になるだろう。


1190個の小さな島々のそれぞれにリゾートがあるモルディブでは、自然にプライバシーとソーシャルディスタンスを保つ事ができる。


この天国のような島々では夢に見ていたような水泳や、シュノーケリング、そしてスキューバダイビングなどを楽しむ事ができる。それだけではなく、こういった活動をさながら自分だけのプライベートのビーチエリアで楽しむこともできる。執事が部屋を適切に掃除し、全てのアメニティーを交換してくれる。


リゾートでの食事の時間も変わるかもしれないが、美味しさは変わらない。モルディブのリゾートで人気ビュッフェは、人々が密集する事を避けるために取りやめになっているかもしれない。今後の食事はアラカルトなメニューから注文する形式になるかもしれないが、素晴らしい現地の料理や世界の料理を楽しむ事ができるはず。ビュッフェが実施されていたとしても、一度に参加できる人数が制限された小規模な形で行われる事になるだろう。こういった措置を実施するためにビュッフェが提供されるレストランの数が増加するかもしれない。


こういった事が意味するのは、予算の限られた観光客が以前なら受けられなかったかもしれないような個人的なサービス受け、プライベートな体験ができる機会が増えるという事。予算が豊富な旅行者なら、いつものように最大限の快適性とプライバシーが提供されるだろう。


モルディブはそのダイビング体験と水面下の生物で有名。観光客は、このコロナウイルスの危機の間でも水中の生物たちに影響がなかっただけでなく、シュノーケリングやダイビングが制限されていたためにむしろ栄えている事を知れば嬉しくなるだろう。


今後の観光客は更にエキサイティングな水中の世界を間違いなく期待する事ができる。だからこそモルディブでの夢のような休日を諦めてはいけない。今こそニュースや渡航手続きの変化に先んじて計画をスタートさせる時だ。パラダイスは今でも待っている。

その他のおすすめ
または

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約

メールアドレスでログイン

まだ会員登録をされていない方登録する

(おすすめログイン)

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約

無料会員登録

すでにアカウントをお持ちの方 ログイン

(おすすめログイン)

ここから先に進むと、モルディブトラベラーの利用規約およびプライバシーポリシーを承諾頂いた事になります。 プライバシーポリシー利用規約