ニュース

モルディブ観光ニュース

モルディブが観光産業価値で「世界観光の日」を祝う

By Sara Delmedico
27 September 2019
モルディブが観光産業価値で「世界観光の日」を祝う

モルディブは、9月27日の今日の「世界観光の日」の祝いに参加し、世界のコミュニティが、観光産業価値に関する意識を高めることを目指している。今年のテーマである「観光産業と職業:全ての人々にとってより良い未来」は、国とその国民にとって、観光産業の重要な役割を明確に伝えている。観光産業はモルディブ国内総生産(GDP)の28%を占め、約25,000人の現地の労働者を雇用している。


観光産業に焦点を当てたジョブフェアと、9月27日と28日にマレで開催される若者をターゲットにしたジョブフェアは、モルディブを訪れる観光客の増加により、この分野に関心のある人々に新しい就業機会を提供する(2018年のデータでは、約140万人が訪れ、2019年にはさらに多くの訪問者が予想される)。 10月1日、ツーリズムセンターの基盤は、アンゴリテム島のラー環礁に置かれる。センターは、国内の伝統的ツーリズムとゲストハウスツーリズムを強化するためのアドバイスを行う。


国の収入増加に加え、訪問者の増加は、持続可能な開発を確保し、訪問者が素晴らしく、気楽な滞在を楽しむことができる安全な環境を維持するために、より多くの手段が取られるべきであることを意味する。政府はまた、モルディブが訪問者にとって平和な場所であることを確認するために、観光客の安全にも細心の注意を払っている。


2019年の世界観光の日を祝うために、モルディブ政府は、観光客や地元の人々が参加し、多くのリゾートアイランドやトップブランドが後援する活動を開始した。ボックラ・レースは、このうちの1つである。男性と女性の両方が、伝統的な固定席艇手漕ぎボートを使用してこのレースに参加する。


さらに、バロス・モルディブ・ラグーンでのイベント中に、500人のフリーダイバーが同時にフリーダイビングを行い、2009年にイタリアで280人のフリーダーバーによって樹立された「同時にフリーダイビングをした人数」の世界記録に挑戦する。同じ日に、マレ周辺に「最大の人の輪」を形成する試みもある。


世界観光の日を祝うイベントは、観光産業とこの重要なセクターを育成する方法に焦点を当てた会議と、パラダイス・アイランド・リゾート&スパでの公式ガラナイトディナーで幕を閉じる。

その他のおすすめ

Welcome back - Login

Don't have an account? Register

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use

Join now - it's free

Already have an account? Login

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use