観光産業と経済ニュース速報

COVID感染者の減少に伴いモルディブが外出禁止時間の撤廃へ

By Maldives Traveller
2021年7月8日
COVID感染者の減少に伴いモルディブが外出禁止時間の撤廃へ

コロナウィルス感染者数の減少に伴い、モルディブの健康保護局(HPA)は7月8日から首都地域における外出禁止時間を完全に撤廃する。

これで外出するために法的な許可を取る必要がなくなる。観光客と現地民は首都マーレ一帯(マーレ、フルマーレ、およびヴィリマーレ)で自由に歩き回る事ができる。しかしながら、公共の場と航空機および船舶での移動中には依然としてマスクを着用する必要がある。

モルディブ政府はHPAによって規定されたガイドラインに沿った通常の手続きのもとに各種ビジネスを再開することを許可している。レストランはソーシャルディスタンスに関するガイドラインに従って午後11:30まで顧客に食事を提供できる。そして、30人未満の物理的なイベントや集会も許可された。

モルディブは外出禁止時間や渡航制限などの厳格な感染対策を講じる事によって、コロナウィルス蔓延の第二波をコントロールする事ができた。各当局は依然として状況の監視を続けている。

モルディブ政府は今月15日からインドを含む南アジア諸国との航空便の再開を許可する。しかしながら、同地域からの観光客に許可されている滞在場所はリゾートの島々のみで、ゲストハウスへの滞在はまだ許可されていない。

モルディブを訪れるすべての人々は、入国を許可されるためにコロナウィルスのPCRテストが陰性である検査結果を提示する必要がある。そして、すべての渡航者はモルディブに出発する予定の72時間前までにPCRテストを受ける必要もある。

モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

2022年3月16日
モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

2022年1月11日
モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

2022年1月8日
モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ

2021年12月21日
不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ

モルディブの体験

エンブドゥヴィレッジ ビーチヴィラに泊まる-1泊
US$135

エンブドゥヴィレッジ ビーチヴィラに泊まる-1泊

エンブドゥヴィレッジ(ビーチヴィラ)に1泊ステイしてみませんか。 ストレスの多い現代の社会から逃避し、白い砂と青い海に囲まれ、リラックスした一日をお過ごし頂けます。
空港、マーレ、フルマーレ発
センターラ ラスフシ リゾート&スパ 日帰りツアー
US$140

センターラ ラスフシ リゾート&スパ 日帰りツアー

この日帰りツアーは、飲み物、プール、ウォータースポーツなどが含まれたオールインクルーシブ プランで、センタラ ラスフシ リゾート&スパをお楽しみいただけます。トロピカルな美しさに恵まれたこの島は、カップルや個人旅行者にぴったりの隠れ家です。
充実のオールインクルーシブプラン
バニヤンツリー ヴァビンファル 日帰りツアー
US$165

バニヤンツリー ヴァビンファル 日帰りツアー

この日帰りツアーでは、バンヤンツリー ヴァビンファルを体験し、島の美しいハウスリーフで泳いだりることができます。ヴァビンファルとはモルディブの言葉で丸いサンゴ礁で囲まれた丸い島という意味で、丸の中には平和、静寂、聖域と言われています。
美しいハウスリーフと白砂
ベスト アドベンチャー ツアー
US$75

ベスト アドベンチャー ツアー

このシュノーケリングツアーでは、モルディブの驚くべき水中の美しさを体験することができます。地元の島を訪れ、モルディブの文化や人々に触れ、楽しい過ごすことができます。モルディブには数種類のイルカ、リーフフィッシュ、マンタなどが生息しています。
最高のスノーケリング体験