観光産業と経済ニュース速報

モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

By Jonathan Kearney
2022年3月16日
モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

ワクチン接種を完了してモルディブに訪れる人々は、入国するために事前にPCR検査を受ける必要がなくなる。

これでモルディブを訪れるために必要なことは、WHOが認可した対コロナウィルスワクチンの接種を到着の2週間以上前に2回済ませていることだけになった。

入国するために追加のブースター接種は求められない。

この変更は3月5日(土)から発行する。 また、モルディブを出国する際にもPCR検査が不要になり、これは現地のゲストハウスに滞在していた人々も対象となる。だが、行き先の最終目的地の中には、依然として到着時にPCR検査が必要になるところもある。

3月14日より、モルディブではフェイスマスクの着用が義務付けられなくなりった。

就労許可を持つ者とモルディブ居住者は、モルディブに入国してから3~5日後にPCR検査を受ける必要がある。

ワクチン接種を済ませていない訪問者とワクチン接種対象でない1歳以上の子供は、到着時に陰性であるPCR検査の結果を提示するように求められる。この検査はモルディブに出発する便の96時間以内に行われたものでなければならない。

モルディブを訪れるすべての渡航者は、依然としてモルディブに入国および出国する48時間前にTraveller Health Declaration(健康状態の申告書)を記入しなければならない。

コロナウィルス感染者数は2022年1月末に急増したが、この数週間でモルディブ国内では著しく減少し、そこから更に減り続けている。

モルディブ居住者の約70%が対コロナウィルスワクチンを2回接種しているとされている。健康保険局によれば、この記事が書かれている時点で約14万人のモルディブ居住者がブースター接種も済ませている。

モルディブの観光業で働く人々のほぼ100%が両方の接種を完了している。

本年、モルディブは国際観光産業の50周年を祝っている。

1972年にモルディブ初のリゾート地がオープンして以来、観光産業はこの楽園のような国で花開いてきた。

国際的な移動に対する制限が更に緩和されるにつれ、モルディブを訪れる観光客の数も増加することが期待されている。

2022年までに訪問者数がパンデミック前のレベルまで回復し、その後著しく成長すると予想されている。

モルディブの主要空港であるマーレ国際空港の拡張が今年完了する予定であり、完成すれば1年間に750万人の訪問者を受け入れる態勢が整うことになる。

モルディブの国際空港の新滑走路がもたらす未来の観光産業の成長

2022年10月9日
モルディブの国際空港の新滑走路がもたらす未来の観光産業の成長

モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

2022年1月11日
モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

2022年1月8日
モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ

2021年12月21日
不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ

モルディブの体験

パラダイス アイランド リゾート&スパの宿泊
US$142

パラダイス アイランド リゾート&スパの宿泊

パラダイスアイランドリゾート&スパはストレスの多い現代の社会から逃避し、白い砂と青い海に囲まれ、リラックスした一日をお過ごし頂けます。温かなインド洋から打ち寄せる豊かな水とあなたを隔てるものは何もありません。
リゾート宿泊体験
アンサナ イフル 日帰りツアー
US$165

アンサナ イフル 日帰りツアー

この日帰りツアーでは、アンサナ イフルを体験していただきます。美しいハウスリーフでスノーケリングするチャンスです。この島はモルディブで最も美しいハウスリーフを持つと言われています。楽しい時間を過ごすことができます。
マーレ環礁でベストハウスリーフ
マーレ観光ツアー
US$10

マーレ観光ツアー

こちらはモルディブの首都マーレの見所と魅力を見学するには最適なツアーで、経験豊富な日本語ガイドがマーレの主要な観光スポットをご案内し、ツアー中に興味深いモルディブ様々なお話をしてくれます。
日本語ガイド同伴、2時間の市内観光
体験ダイビング
US$85

体験ダイビング

ディスカバー スクーバ ダイビングでモルディブの熱帯の美しさを体験しましょう。スキューバダイビングの楽しさをすべて体験し、リーフで潜る前にスキューバダイビングの基本を学びます。
ダイビング中の撮影付き