トラベルガイド

モルディブの歴史

モルディブの伝統衣装
モルディブの伝統衣装

モルディブの古代史は事実と伝説が入り混じっている。引いてはよせる潮のような時の流れの中で形作られてきた。モルディブは世界の様々な文明諸国から影響を受けている。フェニキア人やエジプト人、メソポタミア人が古代に島を通過し、そのしるしを残している。

 

世界各地で貨幣として使用されていた有名なモルディブ産のタカラガイが、インダス川の古代の港の遺跡で発見された。その貨幣には紀元前1400年と日付が入っていた。有名な考古学者トール・ヘイエルダールはこう記している。紀元前2500年ごろ“レディン”という太陽を愛する船乗りたちが初めてモルディブに定住を始めた。宗教的には初めは仏教、その後イスラム教へと変化した。


モルディブは1558年にポルトガルに侵略され、1573年まで支配された。その後、17世紀、18世紀の間、南西インドから来たマラバーに侵略され、1752年まで支配された。マラバーの統治は短い期間だったが、襲撃は続いた。君主ははじめフランスに保護を求めた。その後、1887年にイギリスと保護協定を結んだ。 


歴史上の記録 

モルディブの歴史的記録はローマから中国まで世界中で見つかっている。フランスやアラブの旅行者の記録にも残っており、1世紀のものもある。記録内容だけでなく、記録そのものが世界中の国や人々との歴史的なつながりを推測する助けとなる。


南インドとスリランカのマハヴァンサの古代史にはモルディブに関する記録が残っている。マハヴァンサによると、紀元前500年頃スリランカに向かったヴィジャヤ王子を乗せた船が流され、“マヒラディヴィピカMahaladvipika”と呼ばれる島に流れ着いたと記されている。それは、モルディブだ。


1世紀のローマの航海マニュアルの中で、ペリプラス・マリス・エリタラエイは現在のモルディブだと思われる島について言及している。


2世紀の有名なギリシャ人天文・地理学者トレミーは彼の地理の本の中でモルディブについて触れている。 海外旅行をしたモルディブ人の初めての記録はローマの歴史学者アミアナス・マルセリナス(320~390年頃)の文書に記されている。使者のディヴィス(モルディブ人)が362年にローマを訪れ、ローマ皇帝のユリアヌス王に贈り物を捧げたと記されている。中国の歴史文書には658年と紀元前662年にモルディブの王が唐の皇帝“高祖”に贈り物を送ったという記録が残されている。


南インドのチョーラ王朝の記録によると、チョーラ王のラジャ・ラジャ1世(985年~1014年)は海軍の戦いの後、10世紀後半から11世紀の間、モルディブの多くの島々を占領していた。アラブの旅行者は900年頃には、モルディブについて記している。1343年有名な歴史家であり、旅行家のイブン・バトゥタはモルディブを訪れ、滞在し、モルディブについて文書を残した。


有名なフランスの旅行者フランコ・ピラード・ドゥ・ラヴァFrancois Pyrard de Lavalはカラーファーヌの統治時代であった1602年、彼の船“コービンCorbin”でモルディブに到着した。ピラードの文書には当時のモルディブにおける様々な活動や話が多数書かれている。


モルディブの成り立ち

モルディブの知られざる歴史は、水圏と岩石圏しか存在しなかった2億2500万年以上も前に始まった。当時、地球の半分以上がパンゲアと呼ばれる大陸から成っていた。この大陸はパンサラッサと呼ばれる海に囲まれていた。


約1億3600年前パンゲアは2つの大陸に分かれた。北の大陸はローラシアと呼ばれ、南の大陸はゴンドワナと呼ばれた。2つの大陸の間にはテテュスと呼ばれる海があった。次にゴンドワナがばらばらになり、アフリカ大陸とアメリカ大陸を隔てる大西洋を形作った。


大陸はプレートの移動のためばらばらになった。そして、地球の核から溶岩が噴出し、水中地形を形作っていった。ローラシアも分解され約6600年前に北半球の大陸ができあがった。


インド洋は約1億5000年前から形作られ始めた。当時インドは南側の大陸の一部だった。一方、アジアは北側の大陸“ローラシア”の一部だった。


上記の時代、プレートの移動によりインドはマダガスカルやアフリカから分かれ、徐々に北側へ移動し始めた。このプレートがインド洋を移動するとき、ホットスポットを通過した。現在のレユニオン島付近に位置するこのホットスポットがモルディブの形成に特別な役割を果たしたといわれている。


チャゴス群島からモルディブを通りラクシャディープまで続く隆起部はホットスポットを通過してできたと科学調査で確認されている。ホットスポットを通過したため、インドプレートまで続く長い火山帯が形成されたのだ。


長旅の末、インドのプレートの北端がアジアのプレートの南端に衝突した。その衝撃で巨大なヒマラヤ山脈が生まれた。インド洋はその後、輪郭を描かれていった。


モルディブの祖先であった火山は長い時間をかけ、徐々にインド洋に沈み始めた。当時のモルディブの地形は火山と高地からなる島だった。しかし、山が徐々にインド洋へ沈み、頂上の噴火口だけが残った。何百万年を経て、残った山の頂上が美しい珊瑚礁の島となった。


国民と言語  

モルディブの人々と言葉はどこから来たのだろうか。いつ、誰が初めてモルディブに移住したのかについては記録が残っていない。しかし、考古学上の証拠や国内で話されている言語がひとつだけだ(ディヴェヒ語)ということが興味深い仮説を語っている。


モルディブに最も近い隣人の言語はドラヴィア語(スリランカのシンハラ人の間で話されているシンハラ語の唯一の例外)が有力だ。ディヴェヒ語はサンスクリットを基 礎としている。言語学的証拠がこれをはっきり示している。


1153年にイスラム教に改宗する前、モルディブで広く信仰されていたのは仏教だった。(ここでもスリランカのシンハラ族と共通の部分がある。シンハラ語もサンスクリットから派生した言語)民話や伝説に加えて、これは、およそ紀元前500年にモヘンジョダロやハラッパの古代都市からアーリア人が移住したことを暗示している。

 

しかし、事はそんなに単純ではない。モルディブはちょうどインド洋の商人たちの通り道に位置していた。世界中からやって来る命知らずの船乗りたちはこの島で休息をとることが多かった。そのまま住みつく者もいた。様々な事情が重なり合って社会やモルディブ人の遺伝子プールを作り上げた。


モルディブ人自身も旅をし、国へめずらしい品物を持ち帰り、訪問の記録を残した。362年ローマ皇帝のジュリアン王の王宮を訪れた記録が残っている。658年には中国の唐の皇帝の王宮を訪れた記録も残っている。


モルディブ人はのちにベンガルやマレーシア、その他のアジアの国を訪れている。この訪問により他言語が流れこんだと考えられる。イスラム教への改宗がアラビアやペルシャの要素も持ち込んだ。16世紀にモルディブを侵略したポルトガルも更に加わった。18世紀にインドの大学で教育を受けたモルディブ人がウルドゥー語とヒンディー語を持ち込んだ。19世紀にはイギリスの皇帝が英語を与えた。


モルディブ人はいつも友好的な訪問客を歓迎し、親切にしてきた。孤立せず、文化的影響や有益な影響は吸収してきた。独立を脅かすもののみ拒絶してきた。


モルディブは独自の文化と独自の書体、文学、歴史を持った独自の言語で一体化された国を今後も維持し続けるだろう。 


モルディブの公用語 

モルディブの公用語はディヴェヒ語。スリランカのシンハラ語と密接な関係がある。また、アラビア語、ヒンズー語の影響もある。


モルディブ南部の言葉はよりシンハラ語に近く、北部の言葉はインドのヒンズー語の影響を強く受けている。同じディヴェヒ語でも北に住む人たちと南に住む人たちは、お互いが理解できないこともある。


英語は、幼いころから学校で幅広く学ばれ、話されている。ディヴェヒ語の書体はアラビア語と似たスタイルで、右から左に読み書きする。


モルディブ人の服装  

モルディブのナショナルドレスは時代とともに変わってきた。今ではマーレを歩けば、伝統とモダンが融合した服があちこちで見られる。最も古いモルディブの服は時代とともに改良され変化してきた“リバース”。“リバース”は“フェイリ”と呼ばれるアンダースカートとともに着る。“フェイリ”は伝統的には男性・女性両方が使う重要な服だった。フェイリは黒か濃い茶色の巻きスカートで、すそには白いボーダーが入っている。貴族はフェイリをサロンとしてはいていた。この巻きスカートは宮殿の守衛や従者の儀式用の服でもあった。“ディグ・ヘドゥン”はもう少し新しい服装。このナショナルドレスは1950年代にデザインされ、紹介された。今では重要な国家行事の時だけでなく、普段着としても、女性の間で広く着用されている。


モルディブの民話

伝説や神話という話になると、モルディブも例外ではない。モルディブに初めて移住者が来たときの話やイスラム教に改宗したときの話、16世紀にポルトガルの統治から解放されたときの話といった歴史上重要な出来事に関する伝説や民話も残っている。


ドン・ヒヤラとアリ・フルの物語:ター環礁のブルニ島はモルディブで一番有名なラブストーリーの舞台だ。ドン・ヒヤラは14世紀にブルニ島に住む美少女だった。彼女の父親はヤシの樹液を採る仕事をしていた。また、彼は素晴らしいコーランの朗読者でもあった。彼の腕を認め、皇帝はドン・ヒヤラの父親を樹液採りの身分から昇進させた。一方、ドン・ヒヤラはダール環礁のフルデリ島から来た金細工職人のアリ・フルと恋に落ちた。二人は愛し合い、アリ・フルは愛のあかしとして数々の美しい宝石をドン・ヒヤラに贈った。


父親の素晴らしい業績への報酬として、皇帝がドン・ヒヤラの家族に授けた恩恵や幸運はドン・ヒヤラにとっては不幸となった。ドン・ヒヤラの美しさが皇帝に知れ、皇帝はドン・ヒヤラに結婚を申し込んだ。ドン・ヒヤラはそれを断ったが、皇帝の手下が彼女を無理やりマーレの宮殿へと連れて去った。アリ・フルは彼女を追って、マーレにやって来た。自分を見失い、死に物狂いになったアリ・フルは宮殿にいた手下の手中から愛する彼女を救った。皇帝の兵士に追われた二人は、追跡者の手中におちるより、二人で海へ身を投げるほうを選んだ。


ラッナマーリの物語:モルディブは1153年にイスラム教に改宗した。モルディブ人の生活を変えたこの重大な事件は、多くの伝説や神話を生んだ。有名な旅行家であり、歴史家でもあるイブン・バトゥタは14世紀にモルディブを訪れ、滞在した。ちょうど、イスラム教に改宗した2世紀後のことだ。彼は当時の人々から伝え聞いた伝説を書き記した。


当時、島の人々は偶像を崇拝していて、マーレでは、1か月に1回海からランプをたくさんつけた船のような“ラッナマーリ”という悪魔が現れていた。悪魔をなだめるために、島の人々は生娘を海岸の寺に捧げなければならなかった。不幸な少女は悪魔が現れる夜、日没とともに寺へ連れて行かれ、一人で残された。朝になると、暴行され、殺された少女が見つかった。毎月、島の人々はくじを引いて、誰が行くかを決めていた。そして、不幸にもくじに当たってしまった男性は、島の安全のために、自分の娘をいけにえとして捧げた。


ある日、モロッコから一人の敬虔な旅行者がマーレを訪れた。名をアブ・アル・バラカトゥ・ユースフ・アル・バルバリと言った。彼は島のある貧しい家庭に泊まっていた。ある日、彼が帰宅すると、家族みんなが取り乱し、深く落ち込んでいた。彼がなぜ泣いているのか理由を尋ねると、この悪魔の話を教えてくれた。そして、今回はこの家の娘が選ばれ、いけにえとして寺に行かなければならない、と言った。


アブ・アル・バラカトゥ・バルベリは家族をなぐさめ、娘が行く必要はない。今晩、自分が女性の格好をして、寺に行く、と言った。次の朝、島の人たちが寺へ行って、驚いた。寺の中にはコーランを唱えているモロッコからの旅行者がいたからだ。


人々はバルベリを王様のもとへ連れて行き、昨晩の奇妙な出来事について話した。王様は大変驚いた。そして、そのモロッコ人は王様にイスラム教に改宗するよう提案した。王様はもう1か月待つよう彼に言った。次の月の悪魔が現れる日、また、バルベリは寺へ行った。次の朝、王様と家来が寺へ行ってみると、中には、またコーランを唱えている彼がいた。そして、人々は寺や偶像を壊し、イスラム教に改宗した。


イスラム教に改宗した後でも、悪魔への恐怖が人々の心の中に残っていた。イブヌ・バトゥタはこう記している。マーレに滞在していたとき、ある晩人々が泣き叫ぶ声を耳にした。伝説のようなランプをたくさんつけた悪魔が海から向かって来るの島民が見つけた。すると、人々はコーランを唱え始め、悪魔は消え去った。

Welcome back - Login

Don't have an account? Register

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use

Join now - it's free

Already have an account? Login

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use