トラベルガイド

モルディブの歴史

モルディブの伝統衣装
モルディブの伝統衣装

モルディブの古代史は事実と伝説が入り混じっている。引いてはよせる潮のような時の流れの中で形作られてきた。モルディブは世界の様々な文明諸国から影響を受けている。フェニキア人やエジプト人、メソポタミア人が古代に島を通過し、そのしるしを残している。

 

世界各地で貨幣として使用されていた有名なモルディブ産のタカラガイが、インダス川の古代の港の遺跡で発見された。その貨幣には紀元前1400年と日付が入っていた。有名な考古学者トール・ヘイエルダールはこう記している。紀元前2500年ごろ“レディン”という太陽を愛する船乗りたちが初めてモルディブに定住を始めた。宗教的には初めは仏教、その後イスラム教へと変化した。


モルディブは1558年にポルトガルに侵略され、1573年まで支配された。その後、17世紀、18世紀の間、南西インドから来たマラバーに侵略され、1752年まで支配された。マラバーの統治は短い期間だったが、襲撃は続いた。君主ははじめフランスに保護を求めた。その後、1887年にイギリスと保護協定を結んだ。 


歴史上の記録  

モルディブの歴史的記録はローマから中国まで世界中で見つかっている。フランスやアラブの旅行者の記録にも残っており、1世紀のものもある。記録内容だけでなく、記録そのものが世界中の国や人々との歴史的なつながりを推測する助けとなる。


南インドとスリランカのマハヴァンサの古代史にはモルディブに関する記録が残っている。マハヴァンサによると、紀元前500年頃スリランカに向かったヴィジャヤ王子を乗せた船が流され、“マヒラディヴィピカMahaladvipika”と呼ばれる島に流れ着いたと記されている。それは、モルディブだ。


1世紀のローマの航海マニュアルの中で、ペリプラス・マリス・エリタラエイは現在のモルディブだと思われる島について言及している。


2世紀の有名なギリシャ人天文・地理学者トレミーは彼の地理の本の中でモルディブについて触れている。 海外旅行をしたモルディブ人の初めての記録はローマの歴史学者アミアナス・マルセリナス(320~390年頃)の文書に記されている。使者のディヴィス(モルディブ人)が362年にローマを訪れ、ローマ皇帝のユリアヌス王に贈り物を捧げたと記されている。中国の歴史文書には658年と紀元前662年にモルディブの王が唐の皇帝“高祖”に贈り物を送ったという記録が残されている。

 

南インドのチョーラ王朝の記録によると、チョーラ王のラジャ・ラジャ1世(985年~1014年)は海軍の戦いの後、10世紀後半から11世紀の間、モルディブの多くの島々を占領していた。アラブの旅行者は900年頃には、モルディブについて記している。1343年有名な歴史家であり、旅行家のイブン・バトゥタはモルディブを訪れ、滞在し、モルディブについて文書を残した。


有名なフランスの旅行者フランコ・ピラード・ドゥ・ラヴァFrancois Pyrard de Lavalはカラーファーヌの統治時代であった1602年、彼の船“コービンCorbin”でモルディブに到着した。ピラードの文書には当時のモルディブにおける様々な活動や話が多数書かれている。 


国民と言語  

モルディブの人々と言葉はどこから来たのだろうか。いつ、誰が初めてモルディブに移住したのかについては記録が残っていない。しかし、考古学上の証拠や国内で話されている言語がひとつだけだ(ディヴェヒ語)ということが興味深い仮説を語っている。


モルディブに最も近い隣人の言語はドラヴィア語(スリランカのシンハラ人の間で話されているシンハラ語の唯一の例外)が有力だ。ディヴェヒ語はサンスクリットを基 礎としている。言語学的証拠がこれをはっきり示している。


1153年にイスラム教に改宗する前、モルディブで広く信仰されていたのは仏教だった。(ここでもスリランカのシンハラ族と共通の部分がある。シンハラ語もサンスクリットから派生した言語)民話や伝説に加えて、これは、およそ紀元前500年にモヘンジョダロやハラッパの古代都市からアーリア人が移住したことを暗示している。

 

しかし、事はそんなに単純ではない。モルディブはちょうどインド洋の商人たちの通り道に位置していた。世界中からやって来る命知らずの船乗りたちはこの島で休息をとることが多かった。そのまま住みつく者もいた。様々な事情が重なり合って社会やモルディブ人の遺伝子プールを作り上げた。


モルディブ人自身も旅をし、国へめずらしい品物を持ち帰り、訪問の記録を残した。362年ローマ皇帝のジュリアン王の王宮を訪れた記録が残っている。658年には中国の唐の皇帝の王宮を訪れた記録も残っている。


モルディブ人はのちにベンガルやマレーシア、その他のアジアの国を訪れている。この訪問により他言語が流れこんだと考えられる。イスラム教への改宗がアラビアやペルシャの要素も持ち込んだ。16世紀にモルディブを侵略したポルトガルも更に加わった。18世紀にインドの大学で教育を受けたモルディブ人がウルドゥー語とヒンディー語を持ち込んだ。19世紀にはイギリスの皇帝が英語を与えた。


モルディブ人はいつも友好的な訪問客を歓迎し、親切にしてきた。孤立せず、文化的影響や有益な影響は吸収してきた。独立を脅かすもののみ拒絶してきた。  


モルディブは独自の文化と独自の書体、文学、歴史を持った独自の言語で一体化された国を今後も維持し続けるだろう。 


公用語 

モルディブの公用語はディヴェヒ語。スリランカのシンハラ語と密接な関係がある。また、アラビア語、ヒンズー語の影響もある。


モルディブ南部の言葉はよりシンハラ語に近く、北部の言葉はインドのヒンズー語の影響を強く受けている。同じディヴェヒ語でも北に住む人たちと南に住む人たちは、お互いが理解できないこともある。


英語は、幼いころから学校で幅広く学ばれ、話されている。ディヴェヒ語の書体はアラビア語と似たスタイルで、右から左に読み書きする。


モルディブ人の服装  

モルディブのナショナルドレスは時代とともに変わってきた。今ではマーレを歩けば、伝統とモダンが融合した服があちこちで見られる。最も古いモルディブの服は時代とともに改良され変化してきた“リバース”。“リバース”は“フェイリ”と呼ばれるアンダースカートとともに着る。“フェイリ”は伝統的には男性・女性両方が使う重要な服だった。フェイリは黒か濃い茶色の巻きスカートで、すそには白いボーダーが入っている。貴族はフェイリをサロンとしてはいていた。この巻きスカートは宮殿の守衛や従者の儀式用の服でもあった。“ディグ・ヘドゥン”はもう少し新しい服装。このナショナルドレスは1950年代にデザインされ、紹介された。今では重要な国家行事の時だけでなく、普段着としても、女性の間で広く着用されている。

Welcome back - Login

Don't have an account? Register

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use

Join now - it's free

Already have an account? Login

Recommended for join

By proceeding, you agree to our Privacy Policy and Terms of use