観光産業と経済ニュース速報

イタリアからの観光客が再びモルディブ旅行へ

By Sara Delmedico
2021年10月18日
イタリアからの観光客が再びモルディブ旅行へ

モルディブが観光業を再開し、先月イタリアのレッドリストから削除された後、観光客らは再びモルディブを最も休暇中に訪れたい場所と考え始めている。

現在、モルディブからイタリアに帰国する観光客には到着後10日間の隔離期間が義務付けられていない。このことがイタリア市場におけるモルディブ旅行の活性化に一役買っているのだ。

2019年のパンデミック以前、イタリアはモルディブの旅行市場で13万6343名の観光客数を誇る第3位の国だった。新型コロナウイルスが国内の旅行産業を直撃したものの、2020年のイタリアからの観光客数は4万6690名と、未だモルディブの旅行市場で第5位についていた。

新型コロナウイルスのパンデミックは多くの人々の生活に影響し、人々の旅行の仕方を変えた。イタリア在住者のうち海外旅行をする者は今もそれほど多くない。数か月前にイタリア国家統計局が発表した報告によると、2021年の休暇に海外旅行をするイタリア居住者はたった6.2%と予想されているという。

2021年9月時点でのイタリアからの観光客数は8千85名だが、最近の旅行条件緩和により今年の年末にはこの数字が倍になると予想される。

イタリアからの直通便はまだ運航していないものの、乗り継ぎが利用しやすい航路を運航している航空会社もある。エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空は、ローマ、ミラノ、ナポリ、ヴェネチア、カターニアの国際空港からドバイ、アブダビ、ドーハ経由などでイタリアの主要都市に接続している。

モルディブでは数か月以内に観光産業50周年式典が開始するため、イタリア市場は2022年末には以前のレベルまで回復することが期待され、来年はモルディブの観光業にとって成功の年となるだろう。

モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

2022年3月16日
モルディブがCOVID関係の制限を更に緩和

モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

2022年1月11日
モルディブがアフリカからの観光客の渡航禁止措置を解除

モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

2022年1月8日
モルディブのヴェラナ国際空港に高級旅行者向けの新建築物を開業

不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ

2021年12月21日
不確実な状況の最中に観光業が力を取り戻すモルディブ